サムイ島の宿(Sandy Resort)

2年前に続き、2度目の利用をした「Sandy Resort」です。
場所は、ポブットビーチの一番端に近いところなので、パンガン島へ向かう為の桟橋迄は
距離があります。桟橋に近いほうが、店が多くて賑やかです。

さて、「Sandy Resort」は、ネットで予約できるバンガローでは安い方なので、
利用しております。
値段は1泊 735B(朝食込み)。他の英語サイトでは700Bでした。
この値段で、部屋にはエアコン、ホットシャワーが付いているの、安いと思います。

今回のバンガローは、2部屋が1棟になっていた為、隣の話し声が筒抜けで、
ちょっと五月蝿かったです。
まぁ、バンガロー自体、壁が薄いので、しょうがないけど。
画像


朝食は、パン、卵料理、ジュース、コーヒー、果物といった感じです。
期待してはいけません。オムレツを注文したら、卵焼き状態で出てきましたから。

レストランも利用しましたが、おいしくはありません。
サンドイッチは、まぁまぁでしたが、肝心のタイ料理が最悪でした。
夜は、海側に席を陣取ると眺めがよく、雰囲気がいいのですが、バックミュージックが
ロック。両サイドの宿は、タイの楽器を使った音楽で、すごくいいのに・・・・
夜景その1:月夜
画像

夜景その2:干潮時にはビーチでディナーです。空にある点は、蝋燭で飛ばす気球です。
画像


ちょっと、路線が変な宿です。

宿の入り口には、何故かワールドカップのトロフィーのオブジェ。それに、ココナッツを
銀色に塗って、黒と赤の水玉に仕上げたものが、あちこちにあり、
南国リゾートの雰囲気を台無しにしています。
2年前に来た時には、雰囲気が凄くよかったのに、残念な限り。
2年前の状態:
画像

今は、白熱球になってしまい、情緒がありません。

プールも付いていますが、海があるので、利用しないかも。
欧米の方々は、楽しそうにしてましたが。

浜辺のビーチチェアは10台位しかないので、早めに陣取らないと、使えません。
両隣は、ビーチに面している敷地が広いため、倍以上のチェアが並んでいるけれど・・・。

南国の雰囲気を存分に味わうなら、もっとサービスの良いところを選びましょう。
私は一人旅&節約のために、安いところを選んだので、これで十分でした。
円安は辛いです。

安く泊まれるアジアのホテル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック