タイの主要6空港、6月1日から液体物の客室持ち込み規制

日本同様に、タイでも液体物の持ち込み規制が強化されます。

2007/5/22 (13:48)
タイの国営空港運営会社エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は6月1日から、同社が管理するスワンナプーム国際空港(バンコク)など6空港発着の国際線、国内線全便について、100ミリリットルを超える液体物(ジェル、エアゾールを含む)の客室内への持ち込みを禁止する。対象外は、医薬品、ベビーミルク、ベビーフード、出国手続き後、免税店などで購入した飲料など。
 テロ防止のため国際民間航空機関(ICAO)が作成したガイドラインに沿った措置で、欧米アジアの主要空港はすでに導入済み。
 AOTが管轄する空港は、スワンナプーム、ドンムアン(バンコク)、チェンマイ、チェンライ、ハジャイ、プーケット。


既に、NWやUA等のアメリカ系航空会社では実施されているので、あまり影響は無いでしょうが、面倒ですねぇ。
私はよくNWを利用しますが、免税店で購入した香水などを持っている人が、手荷物検査で引っ掛かると、そこから別の場所へ行って、液体物の検査を受ける場面を何度か目撃してます。
アメリカ系を利用する人は、空港の免税店では、香水やお酒など購入しないほうがいいかも。


マイルがたまる海外旅行保険


海外旅行保険オンライン加入


24時間オンライン予約OK!お得な海外ツアーは「ノースウエスト ワールドバケーション」





旅行に行く前にココでチェック!現地名で検索できるJTBスタッフの現地口コミ情報サイト!

個人旅行にも安心の携帯電話:海外携帯.COM


長期でも短期でも!ケータイは海外でも必需品!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック