機内で携帯切らず、逮捕=航空法改正後、初

飛行機での電気製品の使用規制は、随分前から周知されていると思ってたけど、身勝手な人は、まだまだ多いのも事実です。

6月17日19時0分配信 時事通信
 全日空機内で機長命令に従わず、携帯電話の電源を切らなかったとして、警視庁東京空港署は17日、航空法違反容疑で男性を逮捕した。
 同庁によると、携帯電話の使用など機内での迷惑行為に罰則を設けた改正航空法が2004年1月に施行されて以来、携帯電話使用での逮捕は初めて。同容疑者は容疑を認めているという。
 

何年か前に、航行中に携帯電話のゲームをしている日本人を発見。飛行機が落ちたら嫌だなぁと感じ、スッチーに注意して欲しいと言ったことがある。
そのスッチー(タイ人だった)は、ゲームなら大丈夫と、私の言うことを無視。すごく嫌な気持ちにさせられた。
その後、別のスッチーがそれを見つけて、注意をしていたけど、自分には何にも言ってこなかったのにも、ちょっとムカついた事がある。
携帯は電源が入っていれば、微弱電波は通話していなくても出ているもの。
最低限のルールは守りましょう!

2~3日前に、ある番組で、携帯電話の電波による飛行機への影響について放送していた。
 ①着陸間際に自動誘導装置が解除されてしまった。
 ②急に120m、高度が下がった。
 ③機体が30度傾いた。

などの事例が紹介されていた。

防げる事故は、防止しましょう。自分だけではない、数百人の命を奪うことになってしまうのですから

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック