バンコクの宿「グランド・センターポイント・ラチャダムリー」 設備編

前回は他の設備などについて、記載しなかったので、参考までに。

まずは「ジム」
入ってみると、思っていたよりマシーンが並んでいました。
画像

画像

一応、スタジオもあるので、エアロビとか、やっているのかも。

「ラウンジ」
ソファーが並び、外から来た人との面会用になっているらしい?
画像

コーヒー(インスタントだけど)や氷水が置いてあります。

「読書ルーム」
本が並んでますが、人はいなかったです。やっぱり、読むならプールサイドでしょうか。
画像


「キッズスペース」
結構、広くスペースがとってあり、奥の方にはアスレチック施設みたいになってます。
画像


「シアター・ルーム」
入り口に、DVDが並んでいますが、種類はそれ程ありませんでした。
画像

ソファーが並んでいて、その正面には大画面の液晶テレビが置かれています。
画像

あまりにも大きいので、何インチか分からないけど、部屋の42型の倍以上の大きさでした。
画像

昼間は使っている人がいないようなので、自分の見たいDVDを持参して、独り占めっていうのも、いいかも

「プール」
前回にも紹介してますが、一応。
画像

ジャグジーが2つありますが、大きなソファーの間にあるジャグジーは、スケスケです。
画像

画像

画像


「スパ」
中までは入っていないので・・・
画像


「ミニ・マート」
飲み物やお菓子など、それなりに揃ってます。
画像


スカッシュ・コートもあるようですが、どこにあるか分かりませんでした。

さて、スリッパについて。
貧乏性なので、いつも機内用にスリッパを持ち帰ることが多いので、今回も帰りにパッキング。
レイト・チェックアウトをして、荷物をフロントに預けて、食事に出かけました。
帰ってきて、荷物を受け取ろうとすると、フロントへ連れて行かれ、「何だろう?」。
チェックアウト時に精算は済んでいるし。
英語力に乏しいながら、スタッフが言っていたのは「バスローブ1つ、スリッパ2つを持ち帰っていないか?」という内容。
「スリッパは持っているけど、バスローブは知らない」といっても、「バスローブがないと言い張る」スタッフ。
再度、メイドに確認を取り、「バスローブはあった」と。
今度は「スリッパは、洗ってまた使うものだから、返却か買取になる」との弁。
買い取ってもよかったけど、余りに対応が悪いので、返却しました。
『すんなり、チェックアウト後に出発していたら、こうならなかったのか?』と、ちょっと憤慨。
最初のチェックアウトの時点で、きちんと確認しろという気持ちもあり、何だか後味が悪い最後になってしまいました。

帰国後、以前に宿泊した友人にも確認してみたけど、「スリッパ持ち帰っても何も言われなかった」というので、スリッパ事件は迷宮入り

2度目の宿泊でしたが、以前より対応が
でも、まだプロモーションで宿泊料金が安いので、5月に行く時にも使おうか思案中です

旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】

安く泊まれるアジアのホテル

ANAダイナースカード

JTB 海外航空券予約

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック