タイ航空がサーチャージ値下げ、日本路線135ドル

値上がりの一途をたどっている航空運賃。
ここにきて、少し安くなってますね。

 タイ国際航空は燃料価格の低下を受け10月1日発券分から燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を引き下げた。

 値下げ後の国際線サーチャージ(1区間片道)はバンコク―ホーチミン、ハノイ、ビエンチャン、ペナンが41ドル(従来60ドル)、バンコク―シンガポール、クアラルンプール、香港67ドル(同75ドル)、バンコク―ロンドン、パリ215ドル(同230ドル)など。バンコク―東京、大阪、名古屋、福岡はタイ発券の場合135ドル(従来152ドル)、日本発券の場合100ドル。

 タイ国内線はタイ国内発券の場合、チェンマイ―メーホンソンを除く全線が750バーツ、タイ国外発券の場合は24ドル。


まだまだ、原油高の影響はぬぐいきれないけれど、安くなるのは嬉しいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック