タクシン派、タイ首相府を包囲

いつになったら、政情は落ち着くんでしょうか。

 タクシン元首相支持派団体「独裁追放民主主義同盟(UDD)」(通称スアデーン=赤シャツ)が率いる数千人が24日午前、バンコクの王宮前広場からタイ首相府までデモ行進し、午後1時までに首相府を包囲した。午後1時半の段階で警官隊との衝突は起きていない。

 UDDは1月末にも約2万人を動員し首相府を包囲した。今回のデモ参加者の数は前回を大きく下回っているもよう。

 タクシン派は2006年の軍事クーデターで失脚したが、民政移管のための2007年12月の総選挙で勝利し、政権に復帰した。しかし反タクシン派の街頭デモなどで窮地に追い込まれた挙句、昨年12月、選挙違反で与党3党が憲法裁判所命令で解党され、政権を失った。

 UDDはこうした状況の中、タクシン派の存在感を示すため抗議集会を続け、反タクシン派デモに参加したカシット外相らの辞任を求めている。しかし、肝心のタクシン氏は巨額の資産の多くを凍結された上、昨年汚職で実刑判決を受け国外逃亡中で、求心力が大きく低下。アピシット首相は国王の諮問機関である枢密院と軍の支持を受け、政権運営を軌道に乗せつつあり、タクシン氏の復活は当面、困難な状況となっている。


不安があるものの3月にバンコクへ行くことにしました。
行きはよいよい、帰りは怖い・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック