バンコク・エアウェイ機オーバーラン事故で1人の死亡、6人の負傷を確認

日本人の搭乗者はいなかったようですが、怖いですね。

画像

 バンコク・エアウェイ社は4日17:00過ぎ、同日14:00過ぎにスラーッターニー県サムイ島のサムイ空港内でクラッビー発のPG266便が着陸時にオーバーランを引き起こし、現在使用されていない旧管制塔に衝突した事故により、乗員乗客72人の内機長が死亡し、乗客6人が負傷を負った事を明らかにした。

 負傷者の内4人は重傷で、また同日17:00現在死亡が確認された機長と乗客1人が依然衝突により激しく損傷した機体前方部分に取り残されているという。


 タイ南部のリゾート地サムイ島の空港で4日午後2時半(日本時間同4時半)ごろ、同国南部クラビ発の同空港に向かっていたバンコク・エアウェイズ266便(ATR72型、乗員4人、乗客68人)が着陸後、滑走路から逸脱して旧管制塔に激突した。地元テレビなどによると、同機の機長が死亡し副操縦士と乗客6人の計7人が負傷した。バンコクの日本大使館によると、乗客に日本人はいないという。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック