バンコクの鉄道空港線、30日から無料試運転

 のびのびになっているエアポートリンク。
 またまた試運転するようですが、本当に開業できるのでしょうか?

 スワンナプーム国際空港とバンコク都内を結ぶタイ国鉄(SRT)空港線(エアポートリンク、総延長28キロ)が4月30日から、両端のパヤタイ駅 ―スワンナプーム駅間で無料運転を行う。運行時間は土日と公休日以外の午前7時―午前10時、午後4時―午後7時。20分置きに発車し、途中の駅には止まらず、両駅間を約22分で結ぶ。

 SRTは6、7、8月に2駅ずつ開駅し、8月には全8駅が利用できるようになる予定。運賃は7月後半から徴収する計画だ。

 エアポートリンクは2007年8月完工の予定だったが、タイのインフラ整備事業の通例で、工事が大幅に遅れた。普通電車と空港への特急があり、特急はパヤタイ駅隣のマカサン駅とスワンナプーム空港間の25・7キロをノンストップで約15分で結ぶ。使用する車両はシーメンス製のデジロUKで、最高時速はタイの列車で最速の160キロ。


 治安の悪い現状での試運転。デモ隊の標的になりそうだけど、どうなんでしょう。
 そして、こんな状態の時に行うのも・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック