バンコクのバス高速交通システム、5月15日稼働

最近はBTSに乗る人も増えてきているバンコクですが、まだまだバス利用も多いのが現実。
ちゃんと運行されれば便利になりそうですね。

 バンコク都庁は専用レーンを使って路線バスを運行するバス高速交通(BRT)システムの運行を5月15日に開始する。区間はバンコク高架電車BTSシーロム線の駅があるチョンノンシーから、ナラティワートラーチャナカリン通り、ラマ3世通りを経て、チャオプラヤ川を渡り、ラチャプルック・ラチャダピセーク交差点(トンブリ区)に至る約16キロ、12駅。運賃は5月15日―7月1日が無料、7月2日から年末までが全線10バーツ、2011年からは12―20バーツ。 
 
 バスは中国の上海申龍客車製で、全長12メートル、定員80人。GPS(全地球測位システム)を搭載し、燃料は天然ガス。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック