バンコク都心で砲撃・銃撃、警官2人死亡

ほほ笑みの国へ戻るのは何時のことでしょう?

 タイのテレビ報道によると、8日午前1時半ごろ、バンコクのラマ4世通りに面したルムピニ公園周辺で数回爆発があり、警官1人が死亡、警官、兵士数人が負傷した。小型砲弾の「てき弾」が撃ち込まれたとみられている。
 また、7日午後11時ごろ、ルムピニ公園近くのサラデーン交差点で発砲事件があり、警官1人が死亡、警官と民間人数人が負傷し、クルンタイ銀行支店の窓ガラスが割れた。
 現場はタクシン元首相派団体「反独裁民主戦線(UDD)」の占拠地近く。4月22日にもてき弾の砲撃を受け、タイ人女性1人が死亡、80人以上が重軽傷を負った。


タクシン派、バンコク都心部占拠を当面継続
 4月3日からバンコク都心を占拠し反政府集会を続けているタクシン元首相派団体「反独裁民主戦線(UDD)」の幹部は6日、アピシット首相が3日に提案した11月14日の下院総選挙と和解に向けた行程表(ロードマップ)について、首相は連立与党や政府の支持勢力である反タクシン派団体「民主主義のための市民同盟(PAD)」などに和解案を納得させる必要があるなどとして、当面占拠を続ける方針を示した。

また、ロイクラートンが見たいけど、こんな状況だと無理ですね・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック