タイ、新型インフルエンザの死者119人に 他

日本でも死者が出ている新型インフルエンザ。
勢いを増すばかりですね。
うがい、手洗いしましょう。

 タイ保健省によると、タイ国内で8月16―22日に確認された新型インフルエンザによる死者は8人で、半数が31―40歳だった。4月26日以降の累計の死者は119人になった。累計の感染者数は1万4976人としているが、症状が軽く病院を訪れない患者も多く、実数は4、5倍とみられている。

 8月9―22日に報告があった感染者数は881人で、年齢別では0―4歳9・48%、5―9歳22・74%、10―19歳42・92%、20―29歳8・25%、30―39歳7・68%、40―49歳3・79%、50―59歳3・34%、60歳以上1・78%。地域別では東北部コンケン市、ウドンタニ市、北部チェンマイ市などで感染報告が増えている。



【マレーシア】マレーシア保健当局によると、同国では新型インフルエンザによる死者が26日までに71人に達した。スター(電子版)が伝えた。

 マレーシアでは25日時点で1345人が新型インフルエンザとみられる症状を訴え、病院82カ所で治療を受け、このうち202人が新型インフルエンザと診断された。


"タイ、新型インフルエンザの死者119人に 他" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント