テーマ:交通

鉄道スワンナプーム空港線、12月に開業延期

やっぱり予定通りには開業しませんね。  スワンナプーム国際空港とバンコク都内を結ぶ鉄道空港線(エアポートリンク)の運行開始が当初予定の8月12日(シリキット王妃誕生日)から12月5日(プミポン国王誕生日)に遅れることが明らかになった。開業から1―3カ月は無料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドバイ往復1・1万バーツから、バンコク線の総2階建て機

開発の進んでいるドバイへ格安で行けますね。  エミレーツ航空は1日、ドバイ(アラブ首長国連邦)―バンコク線で欧州航空機大手エアバス製の総2階建て超大型旅客機A380の運航を開始した。1日1便で、客席数はファーストクラス14、ビジネス76、エコノミー399の計489。6月20日までの往復運賃はエコノミークラスで1万1155バーツから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーケット片道1000バーツ、バンコクエアウェイズが増便キャンペーン

プーケットへ安く行けますよ~  タイの民間航空会社バンコクエアウェイズは1日3便運航しているバンコク―プーケット線を7月1日から1日4便に増便する。新たに運航するPG273便(バンコク発13時55分)、PG274便(プーケット発16時10分)の運賃は6月1日―9月15日にバンコクエアウェイズのホー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンコク高架電車BTS、シーロム線延伸区間が開業

延長された「ウォンウィエンヤイ」には何が待っているんでしょうか? ちょっと探検してみるのも面白いかも・・・  バンコク高架電車BTSのシーロム線延伸区間の開業式典が15日行われ、アピシット首相、スクムパン・バンコク都知事らが新設されたウォンウィエンヤイ駅からチャオプラヤ川を渡りスラサック駅まで試乗した。  延伸区間はシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THAI、6月からオスロ就航

北欧へ行く前に、または帰りに、南国バンコク滞在が可能になりますね。  タイ国際航空(THAI)は、6月15日からバンコク・オスロ直行便の運航を開始し、北欧へのネットワーク強化をはかる。これまではコペンハーゲンやストックホルムを経由していた。  タイを訪れるノルウェー人はここ3年で14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エミレーツ航空、バンコク線に総2階建て機

ヨーロッパ方面へ乗り継ぐのに利用できそうですね。  エミレーツ航空は6月1日から、ドバイ(アラブ首長国連邦)―バンコク間の路線に総2階建て超大型旅客機A380を導入する。1日1便で、客席数はファーストクラス14、ビジネス76、エコノミー399の計489。バンコク線にA380の定期便が運航するのは初めて。 エコノミークラスでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BTS線タークシン・ウォンウィアンヤイ間の5/15開業を再確認

空港線を含めて、なかなか予定通りに開通できないバンコクの公共交通ですが、今年はちゃんと出来そう  バンコクのスクムパン知事は31日、あらためて5月15日にBTS線のサパーン・タークシンからウォン・ウィアン・ヤイ間の正式運行を開始する方針である事を確認した。  ソン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンコクの鉄道空港線で試運転

開業が遅れまくっている空港線は、今年開通に?  スワンナプーム国際空港とバンコク都内を結ぶ鉄道空港線(全長28.5キロ)の一部で1月中旬から電車の試運転が始まった。8月12日の開業を目指す。使用する車両は独シーメンス製のデジロUKで、最高時速はタイの列車で最速の160キロ。  空港線は昨年8月開通の予定だったが、高架…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANA、12月2日も運航予定

12月1日出発便は、既に満席 でも、2日も運行予定です。 日本へ帰れないでいる方々、頑張って電話掛けましょう 12月2日出発の運航について ANAは、バンコク・スワンナプーム国際空港の閉鎖により、バンコクに滞在するお客様にご出国の手段を提供するため、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国際航空 ウタパオ発着便

タイ国際航空も成田便を運航してますね。 でも、成田行きは既に満席のようです。 どうしても、タイへ行く必要のある方は、12月3日にウタパオ行きが運行されるので、予約をしてみては? タイ国際航空(TG)は、バンコク・スワンナプーム国際空港の閉鎖に伴い、ウタパオ発着便を下記の通り運航することに決定いたしました。 全て現地時間 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANA 12月1日に臨時便運行

今日予約受付あるようですね。 お急ぎの方は、要チェック ANAホームページより 【12月1日出発 タイ・ウタパオ空港発 成田行の運航について】  ANAは、バンコク・スワンナプーム国際空港の閉鎖によりバンコクに滞在するお客様にご出国の手段を提供することを目的に、タイ・ウタパオ国際空港を利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイの足止め客輸送、軍空港が国際便受け入れ

これで、帰国できるかも・・・・  韓国の聯合ニュースによると、大韓航空は27日、タイのスワンナプーム国際空港が閉鎖され、旅行客が足止めされていることを受け、タイ中部パタヤ近郊のウタパオ海軍基地内の空港に旅客機を着陸させ、乗客の輸送に当たると発表した。  臨時便は2便で、いずれも28日未明にウタパオ空港から仁川空港に向かう。大韓航…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

空港閉鎖は一向に解除されない様子

泥沼化しているバンコク空港占拠ですが、土曜日まで閉鎖が続くようです。 以下はANAのホームページより 【バンコク国際空港の運航便について】 バンコク空港は大規模なデモ活動の影響により、明後日29日現地時間18時(日本時間29日20時)まで空港閉鎖が延長されました。 この影響によりバンコク国際空港発着便は以下の通り欠航…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ空港閉鎖の影響、各国に広がる

日本だけでなく、他の国々も迷惑をこうむっていますね。  反タイ政府団体「民主主義のための市民同盟(PAD)」のデモでバンコク郊外のスワンナプーム国際空港が閉鎖に追い込まれたことで、バンコクとアジア各地を結ぶ航空便は26日、全面的に運休となり、各国の旅行客が足止めを食らう事態となっている。   ◆シンガポール  シンガポール夕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泥棒夜行バス、起きると道路脇

長距離バスの盗難については、以前から聞き及んでいましたが、バスごと放置されちゃったみたいです。  北部チェンマイからバンコクに向かった夜行長距離バスの乗客の欧米人20人が眠っている間に所持品を盗まれ、バスごと放置される事件が起きた。タイのテレビ局チャンネル3が報じた。    バスは23日夜にチェンマイを出発、24日早朝に乗客が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

格安航空ワントゥーゴー、12月5日に運航再開

やっと運行再開になるようですが、安全面は改善されたのでしょうか?  安全基準違反で7月下旬から運航停止命令を受けていたタイの格安航空会社ワントゥーゴーが12月5日に運航を再開する。バンコクを基点に北部チェンマイ、チェンライ、南部プーケット、ハジャイ、ナコンシータマラートの5路線を運航する予定。使用機材はMD82型機。  ワン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアアジア、燃油サーチャージを撤廃

旅行者には嬉しい話ですね。 でも、長続きすればいいけれど・・・  マレーシアの格安航空会社エアアジアは11日、原油価格の下落を受け、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を航空業界で初めて撤廃すると発表した。業界に先がけた措置で景気低迷による旅客需要減に歯止めをかけるのが狙いだ。  トニー・フェルナンデス最高経営責任者(CE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ航空、サーチャージ平均3割値下げ

大幅な値下げになりましたね。 ますます、タイへ行きやすくなるかなぁ~  タイ国際航空は燃料価格の低下を受け、11月6日発券分から燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を引き下げた。  値下げ後の国際線サーチャージ(バンコク発、1区間片道)は▽東京、大阪、名古屋、福岡など:95ドル(従来135ドル)▽ホーチミン、ハノイ、ビエン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンコクへ

休みをやりくりして、日本を脱出しました。 まずは、出発初日の状況について。 出発の日は、飛行機の座席を25ドル払って、通路側を確保したのに、後ろの親父がシートを蹴っ飛ばしてきたり、肘掛の上に靴を履いたままの足を乗せて来たり・・・ 挙句の果てには、酔っ払っていたのか、シートベルト締めていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAL、旅行会社に払う販売手数料廃止へ

飛行機を使う我々の負担がまた増加しそうですね。旅行から足が遠退いてしまうかも・・・・  日本航空は15日、旅行会社に支払う国際線航空券の販売手数料を、2009年4月に廃止する方針を明らかにした。  全日本空輸も同時期の廃止を検討している。燃油高騰などに伴う経営環境の悪化に対応し、コストを削減する狙いがある。  こうした状況を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ航空がサーチャージ値下げ、日本路線135ドル

値上がりの一途をたどっている航空運賃。 ここにきて、少し安くなってますね。  タイ国際航空は燃料価格の低下を受け10月1日発券分から燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を引き下げた。  値下げ後の国際線サーチャージ(1区間片道)はバンコク―ホーチミン、ハノイ、ビエンチャン、ペナンが41ドル(従来60ドル)、バンコク―シンガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ国鉄のスト、30便に拡大

旅行している方は計画に余裕を持って行動しましょう。  28日夜に始まったタイ国鉄(SRT)の実質的なストライキは29日午前中に旅客列車25便、貨物列車5便の30便に拡大した。北部線、東北部線に続き、南部線の一部も運休に追い込まれた。  タイの国営企業ではストが禁止されているため、SRTの一部職員が病欠したり職場放棄する形で列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイのタクシー、半数以上が値上げ準備完了

値上げの発表があったけど、まだ値上げされていないみたいですね。  タイ陸運局は26日、国内で稼働しているメーター付タクシー約7万6000台のうち、既に3万9000台のタクシーが運賃値上げに伴うメーターの調整を終えたと発表した。  バンコクのマハナコン大学が8月31日まで1台につき200バーツでメーターを調整しており、同局は未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日空がサーチャージ値上げ

もともとの運賃より高くなる日も、そう遠くはないかも・・・・  全日本空輸(ANA)グループは国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を10月1日発券分から引き上げる。  値上げ後の燃油サーチャージは日本発1区間片道が、▼欧州、北米(ハワイを除く)、中東3万3000円(現行2万8000円)▼ハワイ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メータータクシー値上げ

あちこちで値上げの嵐 安く旅行をしたい人には厳しくなって来てます。  タイのメーター付タクシーの運賃値上げが2日公布、3日施行された。上げ幅は12―14%。メーターの調整が必要なため、値上げの本格的な実施は約1週間後から、全面的な適用にはさらに数週間かかる見通しだ。  値上げ後の運賃は初乗り料金(35バーツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノックエア、経営危機で路線縮小

旅行者にとっては残念な限り。 原油高では格安で運行は出来ないのは仕方がないけど。  タイ国際航空系の格安航空会社ノックエアが路線の縮小を進めている。5月末に唯一の国際線だったバンコク―ハノイ線から撤退、6月末にはバンコク発南部クラビ、北部チェンライなど国内3路線を廃止した。残る国内6路線のうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サムイ島のタクシー、メーターを導入

いまさらって感じですが、どれ程、定着するのか??? バンコクでさえ、メーター使わないタクシーが未だにいる状態だし。  タイ南部のリゾート、サムイ島のタクシー約200台が6月3日、「サムイ島メータータクシー協会」を設立し、交渉制だった運賃をメーター使用に切り替えた。利用者から、高額な運賃をふっかけられたという苦情が相次いだため。協…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイのタクシー、12~14%値上げ

原油高の影響は海外でも大きいようですね。    タイ運輸省は18日、タクシー運賃を12―14%値上げすると発表した。新たな運賃は遅くとも来週中に官報に記載され、発効する見通し。  値上げ後の運賃は初乗り料金(35バーツ)の走行距離が現行の2キロから1キロに短縮され、その後12キロまでが1キロ当たり5バーツ、12―20キロが同5.5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ航空がサーチャージ値上げ、今年3度目

原油高は天井知らず。 また、燃油サーチャージが値上げです。  タイ国際航空はタイ発券の燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を6月25日から増額する。タイ航空のサーチャージ値上げは今年に入り3度目。  値上げ後の国際線サーチャージ(往復料金)はバンコク発東京、大阪、名古屋、福岡152…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BTS線、タークシン - トンブリー間の開通は来年3月の見通し

毎度のことながら、BTSが延長されるらしいです。  バンコクのアピラック知事は3日、BTS線シーロム線のサパーン・タークシン駅からトンブリーのウォン・ウィアン・ヤイ駅までの2.2Km区間の延伸工事の進捗率が14.13%まで進んでいる事を明らかにした上で、8月中頃を目処に試験運転を開始し、来年3月に営業運転を開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more